予防医学食生活カテゴリの記事一覧

予防医学と食生活

病気の発病を未然に防ぎ、予防を目的とする医学のことを予防医学と言いますが、予防医学の基本は
免疫力を高め、活性酸素の害からいかにして体を守るかにあると思います。


体の免疫力を高め活性酸素による体の酸化を防ぐ方法として、予防医学では野菜を多く摂る事を
勧めています。日本人は野菜不足の傾向にあり、癌やその他の生活習慣病にかかりやすくなっており、
老化や病気に対する抵抗力が衰えてきているのが現状です。


予防医学では、野菜などの抗酸化成分が多く含まれている食物を積極的に摂取する事により、
活性酸素の過剰発生を防ぎ、老化や病気を防いでくれるものと考えます。


緑黄色野菜にはビタミンCやビタミンE、カロテノイドやポリフェノールなどが豊富に含まれており、
これらの抗酸化物質が活性酸素除去に非常に有効であるのです。


日頃から野菜を多く摂り、偏った食事や不規則な生活、飲酒や喫煙などを控え、体の免疫システムを
衰えさせないように心がける事も予防医学的見地から見て必要な事です。


特に免疫力を上げるのに効果的な野菜が淡色野菜で、淡色野菜は白血球を増やす働きがあるので
病原菌やウイルスや癌細胞などの消滅に大きな助けとなります。


このように見てみますと、予防医学は免疫学といってもいいような気がします。


その主役がビタミン、ミネラル類であり、日常の食品に含まれているため、私たちの心がけ次第で
生活習慣病を始めとするあらゆる病気から身を守る事が出来るのだと思います。


野菜不足になりがちな現代人ですが、サプリメントや野菜ジュースなど、工夫次第で抗酸化成分を
積極的に摂る事はすぐ手の届くところにあるのです。

疾病の予防にドクターズフード

世間でメタボリックシンドロームが叫ばれている中、現代版の医食同源である「ドクターズフード」
と呼ばれる最新の栄養情報をもとにした療養食、予防食がブームとなっています。


「ドクターズフード」は一般家庭において食生活の改善による疾病の予防と改善を目的としたもので、
栄養学をうまく取り入れた予防医学的なアプローチであります。


サプリメントを用いた栄養学は日本よりアメリカがかなり進んでおり、ようやく日本も栄養と体の
症状の研究に本格的に取り組んできているようです。


家庭での疾病予防と改善を目的とした「ドクターズフード」が流行してきたのも、日本の栄養学の
進歩が背景にある事は間違いないでしょう。


現代人の平均寿命は昔と比べて非常に長くなっており、その為に高齢化社会が加速され人々はいわゆる
「セカンドライフ」を満喫する為に、老いても健康である事が非常に重要視されるようになってきました。


現代版の医食同源である「ドクターズフード」は、家庭に居ながらにして高齢者でも予防医学的アプローチ
が出来るところが流行ってきている大きな理由の一つではないかと思います。


医学が進歩した現代でも、いまだに私たちを脅かし続ける三大疾病である癌、心疾患、脳血管疾患に
対して多くの人々が危機感を覚え、自分の身は自分で守らなければという自己防衛に対する気づきも、、
「ドクターズフード」の流行の原動力なのでしょう。


例え長生きしたとしても、病気で動けないままでの長生きでは意味がありません。


「ドクターズフード」はこれからますます人々の間に浸透していくべきであると感じます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。