転倒予防医学研究会の活動

2004年4月に発足した転倒予防医学研究会は、少子高齢化社会である現代において、高齢者の
転倒を予防するあらゆる試みの活動を行なっています。


転倒や骨折による寝たきりや介護の問題は、今や家族や地域社会ばかりでなく国家にとっても大きな
負担となっているのが現状です。


この様な問題に対して転倒予防医学研究会では、医学・医療を始めとするあらゆる分野において
全国レベルで迅速で適正な治療体制の整備と予防に努力しています。


転倒予防に関する事業やプログラムなどが全国各地で実施され、高齢者にとってより安全で楽しい
生活実現のための転倒予防の方法や内容の確立、そして普及などに努めています。


転倒予防医学研究会の願いは、高齢者に健やかで生きがいのある充実した生活を送ってもらう為に、
寝たきりや介護の必要な生活を未然に防ぐあらゆる健康的な生活の知恵を身につけてもらう事です。


その為には子供の時からしっかりとした健康的な生活習慣の指導と教育が重要であり、同時に建物や
道路などの物理的な生活環境の安全性の改善や充実にも目を向ける事であると考えます。


転倒予防医学研究会は、このように高齢者の転倒問題の解決をおし進める事により、人々の社会生活の
健康と安全性の改善と充実化に貢献しているのです。


これからもますます少子高齢化は進んでいくと思われ、並んで生活環境の悪化も進んでおり、今や
世界レベルで環境問題に取り組まなければ私たちの安全で健康的な生活が危ういところまできています。


これからの転倒予防医学研究会の活動にますます期待したいところですね。

予防医学健康美協会について

予防医学健康美協会は、健康や美容関連の技術者団体であり、美容は心身の健康維持と健康が基礎
であり、その実現の為に一番大事な事は人の想いであるという考え方が基本となっています。


美容や健康を求める私たちの願いである「健康で美しくなりたい」と言う想いに対して、予防医学
健康美協会の技術者自身も同じ想いを抱く事によって、まるで家族や友人達のような心身への気遣い
で、相手に対する想いの心配りを何よりも大切にしています。


今日では美容と健康の為の技術力は高まりましたが、ややもすると技術ばかりに目が行ってしまい、
相手に対する思いやりが希薄になってきているように思えます。


予防医学健康美協会の設立の理由も、この様な現状を打破する為にもっと相手を思う心を大切にして、
「想い」と言う観点から仕事を見直そうと言う強い気持ちからなのです。


予防医学健康美協会の活動内容は、独自のリンパケア理論と手法を用いて人体から老廃物などの
不必要なものを排除することにあります。


こうする事により美容と健康に必要なものが吸収されやすくなるのです。


さらに予防医学健康美協会は社会進出への支援にも取り組んでいて、リンパケアトリートメント技術者の
教育と育成に努め、仕事が未経験の方にも社会進出へのチャンスを提供しています。


これは女性や高齢者の社会進出にとって朗報となることでしょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。