疾病の予防にドクターズフード

世間でメタボリックシンドロームが叫ばれている中、現代版の医食同源である「ドクターズフード」
と呼ばれる最新の栄養情報をもとにした療養食、予防食がブームとなっています。


「ドクターズフード」は一般家庭において食生活の改善による疾病の予防と改善を目的としたもので、
栄養学をうまく取り入れた予防医学的なアプローチであります。


サプリメントを用いた栄養学は日本よりアメリカがかなり進んでおり、ようやく日本も栄養と体の
症状の研究に本格的に取り組んできているようです。


家庭での疾病予防と改善を目的とした「ドクターズフード」が流行してきたのも、日本の栄養学の
進歩が背景にある事は間違いないでしょう。


現代人の平均寿命は昔と比べて非常に長くなっており、その為に高齢化社会が加速され人々はいわゆる
「セカンドライフ」を満喫する為に、老いても健康である事が非常に重要視されるようになってきました。


現代版の医食同源である「ドクターズフード」は、家庭に居ながらにして高齢者でも予防医学的アプローチ
が出来るところが流行ってきている大きな理由の一つではないかと思います。


医学が進歩した現代でも、いまだに私たちを脅かし続ける三大疾病である癌、心疾患、脳血管疾患に
対して多くの人々が危機感を覚え、自分の身は自分で守らなければという自己防衛に対する気づきも、、
「ドクターズフード」の流行の原動力なのでしょう。


例え長生きしたとしても、病気で動けないままでの長生きでは意味がありません。


「ドクターズフード」はこれからますます人々の間に浸透していくべきであると感じます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。