予防医学と食生活

病気の発病を未然に防ぎ、予防を目的とする医学のことを予防医学と言いますが、予防医学の基本は
免疫力を高め、活性酸素の害からいかにして体を守るかにあると思います。


体の免疫力を高め活性酸素による体の酸化を防ぐ方法として、予防医学では野菜を多く摂る事を
勧めています。日本人は野菜不足の傾向にあり、癌やその他の生活習慣病にかかりやすくなっており、
老化や病気に対する抵抗力が衰えてきているのが現状です。


予防医学では、野菜などの抗酸化成分が多く含まれている食物を積極的に摂取する事により、
活性酸素の過剰発生を防ぎ、老化や病気を防いでくれるものと考えます。


緑黄色野菜にはビタミンCやビタミンE、カロテノイドやポリフェノールなどが豊富に含まれており、
これらの抗酸化物質が活性酸素除去に非常に有効であるのです。


日頃から野菜を多く摂り、偏った食事や不規則な生活、飲酒や喫煙などを控え、体の免疫システムを
衰えさせないように心がける事も予防医学的見地から見て必要な事です。


特に免疫力を上げるのに効果的な野菜が淡色野菜で、淡色野菜は白血球を増やす働きがあるので
病原菌やウイルスや癌細胞などの消滅に大きな助けとなります。


このように見てみますと、予防医学は免疫学といってもいいような気がします。


その主役がビタミン、ミネラル類であり、日常の食品に含まれているため、私たちの心がけ次第で
生活習慣病を始めとするあらゆる病気から身を守る事が出来るのだと思います。


野菜不足になりがちな現代人ですが、サプリメントや野菜ジュースなど、工夫次第で抗酸化成分を
積極的に摂る事はすぐ手の届くところにあるのです。

転倒予防医学研究会の活動

2004年4月に発足した転倒予防医学研究会は、少子高齢化社会である現代において、高齢者の
転倒を予防するあらゆる試みの活動を行なっています。


転倒や骨折による寝たきりや介護の問題は、今や家族や地域社会ばかりでなく国家にとっても大きな
負担となっているのが現状です。


この様な問題に対して転倒予防医学研究会では、医学・医療を始めとするあらゆる分野において
全国レベルで迅速で適正な治療体制の整備と予防に努力しています。


転倒予防に関する事業やプログラムなどが全国各地で実施され、高齢者にとってより安全で楽しい
生活実現のための転倒予防の方法や内容の確立、そして普及などに努めています。


転倒予防医学研究会の願いは、高齢者に健やかで生きがいのある充実した生活を送ってもらう為に、
寝たきりや介護の必要な生活を未然に防ぐあらゆる健康的な生活の知恵を身につけてもらう事です。


その為には子供の時からしっかりとした健康的な生活習慣の指導と教育が重要であり、同時に建物や
道路などの物理的な生活環境の安全性の改善や充実にも目を向ける事であると考えます。


転倒予防医学研究会は、このように高齢者の転倒問題の解決をおし進める事により、人々の社会生活の
健康と安全性の改善と充実化に貢献しているのです。


これからもますます少子高齢化は進んでいくと思われ、並んで生活環境の悪化も進んでおり、今や
世界レベルで環境問題に取り組まなければ私たちの安全で健康的な生活が危ういところまできています。


これからの転倒予防医学研究会の活動にますます期待したいところですね。

疾病の予防にドクターズフード

世間でメタボリックシンドロームが叫ばれている中、現代版の医食同源である「ドクターズフード」
と呼ばれる最新の栄養情報をもとにした療養食、予防食がブームとなっています。


「ドクターズフード」は一般家庭において食生活の改善による疾病の予防と改善を目的としたもので、
栄養学をうまく取り入れた予防医学的なアプローチであります。


サプリメントを用いた栄養学は日本よりアメリカがかなり進んでおり、ようやく日本も栄養と体の
症状の研究に本格的に取り組んできているようです。


家庭での疾病予防と改善を目的とした「ドクターズフード」が流行してきたのも、日本の栄養学の
進歩が背景にある事は間違いないでしょう。


現代人の平均寿命は昔と比べて非常に長くなっており、その為に高齢化社会が加速され人々はいわゆる
「セカンドライフ」を満喫する為に、老いても健康である事が非常に重要視されるようになってきました。


現代版の医食同源である「ドクターズフード」は、家庭に居ながらにして高齢者でも予防医学的アプローチ
が出来るところが流行ってきている大きな理由の一つではないかと思います。


医学が進歩した現代でも、いまだに私たちを脅かし続ける三大疾病である癌、心疾患、脳血管疾患に
対して多くの人々が危機感を覚え、自分の身は自分で守らなければという自己防衛に対する気づきも、、
「ドクターズフード」の流行の原動力なのでしょう。


例え長生きしたとしても、病気で動けないままでの長生きでは意味がありません。


「ドクターズフード」はこれからますます人々の間に浸透していくべきであると感じます。

予防医学健康美協会について

予防医学健康美協会は、健康や美容関連の技術者団体であり、美容は心身の健康維持と健康が基礎
であり、その実現の為に一番大事な事は人の想いであるという考え方が基本となっています。


美容や健康を求める私たちの願いである「健康で美しくなりたい」と言う想いに対して、予防医学
健康美協会の技術者自身も同じ想いを抱く事によって、まるで家族や友人達のような心身への気遣い
で、相手に対する想いの心配りを何よりも大切にしています。


今日では美容と健康の為の技術力は高まりましたが、ややもすると技術ばかりに目が行ってしまい、
相手に対する思いやりが希薄になってきているように思えます。


予防医学健康美協会の設立の理由も、この様な現状を打破する為にもっと相手を思う心を大切にして、
「想い」と言う観点から仕事を見直そうと言う強い気持ちからなのです。


予防医学健康美協会の活動内容は、独自のリンパケア理論と手法を用いて人体から老廃物などの
不必要なものを排除することにあります。


こうする事により美容と健康に必要なものが吸収されやすくなるのです。


さらに予防医学健康美協会は社会進出への支援にも取り組んでいて、リンパケアトリートメント技術者の
教育と育成に努め、仕事が未経験の方にも社会進出へのチャンスを提供しています。


これは女性や高齢者の社会進出にとって朗報となることでしょうね。

予防医学と抗酸化栄養素

医学と医療の発達によって、治療技術や治療法はめざましい進歩を遂げましたが、その反面
様々な環境汚染によって私たちの生活環境や食生活は汚染され、その結果現代人を脅かす
生活習慣病にかかる危険性は増える一方です。


ここ数十年の近代化による生活環境の変化によって私たちの体内で活性酸素が大量に発生しやすくなり、
その結果深刻な病気を引き起こす原因となっています。


予防医学の立場から考えると、病気になる前に活性酸素の害から体を守る事が大事であり、
分子レベルで活性酸素の害から体を守り病気にかからない体作りが必要になってきます。


その為のキーワードが「抗酸化」なのです。


「抗酸化」は予防医学にとってのスタンダードなテーマであり、それは必要な栄養素を摂取する事に
よって活性酸素の害から身を守る事です。こうした栄養素の事を「抗酸化栄養素」といいます。


「抗酸化栄養素」は、普段私たちが摂取している色々な食品に含まれており、予防医学と言うより
予防栄養学と言った方がいいかもしれません。


「抗酸化栄養素」をざっと挙げてみますと、ビタミン・ミネラル類、ラクトフェイン、コエンザイムQ10、
リコピンやルテインなどのカルテノイド類などで、そのいくつかは耳にされた事もあると思います。


「抗酸化栄養素」を野菜や果物から積極的に摂取する事により、活性酸素対策を十分行なっていくことが、
予防医学が注目されている現代にとっては、まず第一に重要な事であると考えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。